ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記10:ミノ虫サイズになりました

プレイ日記も10回目に突入。
4つ目のダンジョンの探索を開始します。

新たなダンジョンは深緑のフェヌーム。
草原の中をかき分けて進むダンジョンです。

探索早々、ハチの群れに襲われながら歩を進めると、

ルフラン10-1 - コピー

一軒の家の前でトビーとニコルという2人の青年に出会いました。
ニコル(金髪の方)は目が不自由なようです。

トビーに食事に招待された一行は、料理に使うハーブを裏庭から採ってこいと頼まれます。
言われるがままに裏庭へと続く門をくぐると、背後で鍵の閉まる音が。

振り返ってみると、

ルフラン10-2 - コピー

あれ、扉がないっ!? (゚Д゚;)
どういうこと???

よく分からないけど、帰り道がなくなってる。
しかも、鍵をかける音が頭上から・・・した??

事態を把握できないままに探索を開始した一行。
すると、聞き覚えのある名前の敵が登場したのですが何やら様子がおかしい。
それは地下帝国メルムでも遭遇した「オニノミ」のはずなのですが・・・。

これが地下帝国メルムの「オニノミ」

ルフラン10-4 - コピー

で、こっちが深緑のフェヌームの「オニノミ」

ルフラン10-3 - コピー

でかっ!? (゚Д゚;)

オニノミが突然巨大化した!!
いや・・・もしかして、こっちがちっちゃくなった?

半信半疑の一行は花子法師なる妖精からのひと言で確信を得ることに。

ルフラン10-5 - コピー

ああ、やっぱちっちゃくなったのか・・・。(-_-;)
キョジン呼ばわりされたかと思いきや、今度は小人化ですか。

てか、トビーの野郎、確信犯だろ!
こんな場所にわざと閉じ込めやがったな!!

だが、しかし!!

我々には泥の出口という秘密兵器があるのだ!
これで脱出して、ひと言文句言ってやる!!

勢い勇んで、再び一軒家の前へやって来た一行。
が、トビーは不在のようで応対したのはニコルでした。

元は都会で暮らしていたというニコル。
流行り病で目が見えなくなってしまった彼をトビーがこの場所に連れてきたそうで。

ルフラン10-13 - コピー

つまり、トビーはニコルの目を治したかったということ?
・・・仕方ない、ハーブ採ってきてあげよう。

では、改めてハーブを探しに自ら扉の向こうへ。
壁の?によると、このエリアにはカルマ値でダメージを受ける神聖な場所があるとのこと。

そこで妖路歴程情報にてカルマ値を確認してみると、

ルフラン10-14 - コピー

悪いことした覚えはないのに、いつの間にか上がってた。(-_-;)

どうやら敵として登場する花子法師を狩るとカルマ値が上がるようです。
敵を倒すだけでカルマ値が上がるとか、勘弁して下さいよ。

せっかくなので、一旦拠点へ戻って身を清めることにします。
カルマ値は魔女嘆願のスケープゴートを使えば、たったのマナ3200でチャラ。
贖罪がこんなにお手軽でいいんだろうか? (-_-;)

何はともあれ、これで神聖エリアをノーダメージで闊歩できるはず。

さっそく神聖エリア最奥を目指すと、ミノ虫公なる人物が姿を現します。
妖路歴程(入魂前)とは顔見知りのようですが、

ルフラン10-15 - コピー

「アレ」って何ですか? (-_-;)
一行が探しているハーブか、それとも魔女さまの目当てのもの?

正体不明な「アレ」を手にする条件はラミアドンを狩ることだとか。
ラミアドンは森を荒らしている人面花とのこと。

神聖エリアを後にした一行は、ラミアドン追跡に向かいます。

* * *

一方その頃、ルフランでは
いよいよやって来たドロニアさまのお誕生日。

約束通りクラウスさんにドロニアさまを連れ出してもらい、準備を整えたルカ。

ルフラン10-6 - コピー

あとはドロニアさまが帰ってくるのを待つだけです。

が、待てど暮らせどドロニアさまは帰ってきません。
夕刻の鐘が鳴っても帰らず、ついには夜が明けてしまいました。

ようやく翌朝になって帰還したドロニアさま。
テーブルに並べられたごちそうを見るや、

ルフラン10-7 - コピー

ドロニアさま、ひ、ひどいっ!? (゚Д゚;)

ルカが一生懸命作ったプレゼントの指輪にも、

ルフラン10-8 - コピー

ひ、ひどすぎるっ!?
この人、鬼だよ! 悪魔だよ!! (ノД`)・゜・。

ルフラン10-9 - コピー

こんな扱いを受けても笑っているルカが痛々しすぎる。( ;∀;)

そのままドロニアさまはひと眠りするため二階へ。
しばらくして目を覚ましたドロニアさまでしたが、馬車小屋にルカの姿はありません。

そこでルカを捜して、新キャラの蜘蛛(手下っぽい)を呼びつけたドロニアさま。

ルフラン10-10 - コピー

名前は、バルティーニ三世。
クラウスさんと声が同じに聞こえるけど、気のせいかな?

ルカの行方は知らなかったバルティーニ三世ですが、

ルフラン10-16 - コピー

部屋の様子からパーティーの準備が為されていることを指摘。

ドロニアさまも自分の嘘を真に受けてルカがお祝いしようとしたことに気付き、

ルフラン10-11 - コピー

ごちそうを頂くことにしたようです。
ドロニアさまも優しいとこあるじゃないですか。(*’▽’)

ルフラン10-12 - コピー

さらに、贈り物までくれる出血大サービスぶり。
ドロニアさまも案外人並みに罪の意識を感じてるのかも。

頂いたお品はルカのお母さんのものだそうで。
初めての誕生日祝いにルカがとっても幸せそうで良かった。
終わり良ければすべて良し、かな。(*^^*)

本日の成果

【トロフィー】

  • 18頁→深緑のフェヌーム春の国/裸花到達
  • 19頁→深緑のフェヌーム春の国/羶肉到達
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加