ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団プレイ日記11:厄の魔女バーバ・ヤーガ

プレイ日記11でございます。
謎の「アレ」を求めてラミアドン退治へ。

ラミアドンの住処らしき場所はすでに探索済み。
が、マップ上にイベントを示す!マークは見当たりません。

そこで妖路歴程メニューを開いてみると、
次の目的に「ラミアドンの居所は花子法師に聞け」的なことが書いてある。

道中、3体の歌い踊る花子法師がいたので順番に巡ってみます。

まずは、裸花エリアにいたホタルのもとへ。
すると、助けを求める悲鳴ののちに訪れる沈黙・・・というホラー展開に。

大慌てで「助けに行かなければ」と思いつつ。
残りの2体のことも気になったので寄り道すると、

・・・ラミアドンに喰われた。(゚Д゚;)

突如背後に現れた、とんでもなく邪悪な顔面の花がパクッとひと飲みしやがった。
地下帝国メルムに続いてまたもこんなエグい展開。
もう、いやあぁぁこの世界・・・。( ;∀;)

あ、でもよく考えたら一行も敵として登場した花子法師を何体もシバき倒してたんだった。
もしや我々はラミアドン以上に凶悪な集団なのかも・・・。(-_-;)

それはさておき、急いでラミアドンの住処へ向かいます。

そこには怯えた様子のホタルが置き去りにされていました。
無事な姿に安堵したのも束の間、罠だったらしく不意を突かれてしまった一行。

ルフラン11-1 - コピー

邪悪な顔面に加えて、卑怯なことこの上ないラミアドンとの一戦です。
だが、こんなヤツよりよっぽど凶悪であると判明した旅団の敵ではありません。
マージナルメイズの火系ドナムで跡形もなく焼き払ってやりました。

焼け跡に残された花子法師の種はホタルによって一行に託されます。
彼女は我々が仲間をさんざん殲滅してきたことを知らないのだろうか?

・・・うん、黙っておこう。(-_-;)
植えたら例のハーブになるかもしれないし。

ラミアドン以上に卑怯かもしれないと判明した一行。
その場をあとにして、ミノ虫公のもとへと報告に向かいます。

すると、古の盟約に従い「アレ」の場所を教えてくれました。

ルフラン11-2 - コピー

「アレ」は秋の国、不可侵のエリアにあるそうです。
親切にも不可侵エリアに入れるよう「翠の瘴気無効化」スキルも授けて頂きました。
でも、その前にいい加減「アレ」とは何なのかを教えてほしいんだが。(-_-;)

秋の国へは裸花エリアにある芋虫列車を利用します。

ルフラン11-3 - コピー

乗車に必要なクスノキの葉はトレジャーポイントから入手可能。
あるいは、芋虫と戦う(クスノキの葉未所持で是認)ことでも入手できます。

到着した秋の国は、色づいた木の葉に囲まれて物哀しい雰囲気が漂う場所。
春の国とはまた違った趣で新鮮だ。(*’▽’)

しばらく行くと、巨大ペコロなるものが徘徊するエリアへ到着。
回避推奨とのことでしたが、トローリアも平気だったからと軽い気持ちでエンカウント。

ルフラン11-4 - コピー

結果、地獄をみました。( ;∀;)

ペコロの破壊力がハンパなくて、ほとんどのキャラが一撃で瀕死状態に。
運良く、要となる壁役とメイン火力のキャラが最後まで残ってくれて何とか撃破。
ギリギリのところで勝てたけど、忠告は素直に受け取るべきだと痛感。(-_-;)

その後はペコロを華麗に避けて進んだ一行。
いよいよ「アレ」がある翠の瘴気エリアに到着です。

ルフラン11-5 - コピー

ここはノーマッピングエリアになっていて、マップに表示されるのは床のみ。
その他には宝箱はおろか、扉や壁さえも表示されません。
ストレス溜まるなあ、こういうエリアは。(-_-;)

しかも、こんな場所にもペコロが徘徊してやがる。
マップ上にシンボルが表示されないから十分気を付けないと。

何とか最奥まで辿り着くと、そこには魔力を放つ黒い実がありました。
中には鍵が入っていて、どうやら「アレ」とはこの鍵のことみたいですね。

エリア名が「ブルーハーブの園」だったので、例のハーブと踏んでいたのですが。
それとも、この鍵(おそらく何でも願いが叶う)=ハーブということなのかな?

考えあぐねていたその時、ミノ虫公に気を付けるよう云われたシビレコバチが襲来。

ルフラン11-6 - コピー

ギィヤァァァァァァ! 気持ち悪い!!
直視できないぃぃぃぃ!! ( ;∀;)
これは一刻も早く滅してしまわなければ!!!

戦法はいつものように壁役に挑発させて、残りでフルボッコ。
火系がよく効くので焔舞で効率的にダメージを稼げました。
いつもご苦労様です、マージナルメイズさん。(*^^*)

ハチを退けた一行は、ようやく鍵をゲット。
鍵は不思議な光を放ち、この世のものとは思えないとか。
いかにも本物っぽくて期待が膨らみます。(*’▽’)

とりあえず鍵を持ち帰り、ドロニアさまに報告です。

ルフラン11-7 - コピー

月光に照らして確かめる必要はあるが、概ね本物であろうとのこと。
となると、これでレキテーの役目は終わりなのか?

が、そこへ来訪した招かれざる客人たちが事態を一変させます。

ルフラン11-8 - コピー

こちらのドチビは、魔女フルネラ。
バーバ・ヤーガ様の忠実な下僕で、ドロニアさまに呪詛返しをした張本人。
監視を命じられていたらしく、一行が鍵を入手したことにも勘付いている様子。

そのことはすでにバーバ・ヤーガ様の耳にも届いているようで。
明後日には本人がルフランにやって来る、とのこと。

さらに、バーバの手下総勢24名がルフランに集結予定との情報も。
着々とドロニアさま包囲網が完成しつつあるようです。(-_-;)

この事態に焦りを隠せないドロニアさまにトドメの一撃が襲います。

ルフラン11-9 - コピー

バーバ・ヤーガ様がその日のうちにやって来やがった。(゚Д゚;)
明後日じゃなかったんですか・・・?

さすがのドロニアさまもその迫力にダジダジ。
言われるがままに鍵を差し出すしかありません。

が、お探しの鍵は全部で3つあるようで。
残りの2つも探し出し、差し出すよう命じられます。

泣く泣く従うしかない様子のドロニアさま。

ルフラン11-10 - コピー

棺の間とは?
そこには何があるのでしょうか。

本日の成果

【トロフィー】

  • 20頁→深緑のフェヌーム秋の国/珠玉到達
  • 21頁→深緑のフェヌーム秋の国/漿果到達
  • 48頁→ひとつ目の鍵入手?

▽▽▽PS4版は9月28日発売▽▽▽

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

【その他の記事はこちら】