ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団プレイ日記16:2つ目の鍵入手!

プレイ日記16です。

前回、謎のタイムリープで黄泉がえりを果たしたドロニアさま。
メイリィとの密会前からのリスタートとなりました。

2度目の密会にはナイフを忘れて出掛けた結果、

ルフラン16-1
ルフラン16-2

死は免れたものの、秘薬によってメイリィと生き写しの姿にされてしまう事態に。
呪詛返しの次は転写の秘術、つくづく災いを呼び寄せる人だな。(-_-;)

しかも、この術は術者が死んでも切れない強力なものなのだとか。

ルフラン16-3

えーっ、ドロニアさまは今後ずっとこのままなのですか? ( ;∀;)
自分を殴った人物と瓜二つの顔と暮らすなんて、ルカのメンタルが心配。

戸惑うルカたちを尻目にドロニアさまは「はやく慣れろ」のひと言。
詳細は語らないままに二階へと上がってしまいました。

残されたルカたちはあれが本当にドロニアさまなのか確認するため、星読みの石板を使って夢(無意識の思考)を覗くことを思い付きます。
初めは怒られると躊躇したルカでしたが、元に戻す手掛かりがみつかるかもとマリエッタさんに半ば強引に押し切られる形で実行することに。

再び、紐解かれるドロニアさまの過去。

とある、羊飼いの農場 ── 。
孤児だったドロニアさまは金貨10枚(大金)で身請けされ、バーバのもとへ。

ルフラン16-4

バーバのお目当ては、紅い瞳の力のようで。
以後、許可なしに使うことを禁じられてしまいました。

ルーラー魔法学校 ── 。

以前の回想ではいじめに遭っていたドロニアさまですが、
やって来た当初はむしろ、憧れの眼差しを向けられていた様子。

こちらのマリーという少女もそのうちの一人。

ルフラン16-6

「女のくせに女が好き」との理由でいじめられているマリーさんにドロニアさまは「個人の自由」と周囲を一蹴する神対応をみせます。
カッコ良すぎて、惚れてまうかも! (≧▽≦)

が、ドロニアさまの時代はすぐさま終焉を迎えることに。
きっかけとなったのは、ご存知ドチビのフルネラとのいざこざ。

ルフラン16-7

バーバが大金を払ったと聞いて、妬みから残飯を投げつけてきたフルネラに

ルフラン16-8

ドロニアさまは紅い瞳の力(←いいのか?)で犬マネをさせて応戦。

ルフラン16-15

結果、ドン引きした生徒たちにハブられてしまうのでした。
ドロニアさまは昔から変わらないなあ。(-_-;)

かくして、いじめの対象へと凋落したドロニアさま。
気になるのは、以前の回想で登場したイサラとの関係ですが・・・。

近付きつつあった二人の距離は、

ルフラン16-9

予想外の方向に縮まってた! (゚Д゚;)

友情と愛情は別物だと拒絶するドロニアさまに、

ルフラン16-10

「この世に友情などない、すべては愛情だ」と返すイサラ。
う~ん、深いような気もするし、丸め込まれているような気もする。 (-_-;)

イサラは固まってしまったドロニアさまにキスをすると、耳元で驚きの言葉を口にします。

ルフラン16-11

えっ!? (゚Д゚;)
とりあえず聞かなかったことにしといていいですか・・・。

ところが、語るなり急に吐血し倒れたイサラ。
場面が変わり、次のシーンでは

ルフラン16-12

・・・これはどういうこと???
イサラは死んじゃったの? 裏切りものって何で?

── 謎だらけのこのシーンで今回の記憶は終了。

なぜなら、ドロニアさまに夢を覗いたことがバレたのです。
案の定、激怒しております。(-_-;)

イサラの名を口にすることすら許さないドロニアさまの想いは言わずもがなで。

ルフラン16-17

ひどく落胆した様子のマリエッタさんから溢れ出したドロニアさまへの想い。

ルフラン16-18

あれ、もしやマリエッタさんとマリーさんは同一人物?
女好きって云ってたから、そうかもしれないとは思っていたけど。

だとすると、マリエッタさんの正体は魔女でバーバの手下の一人ってこと?
えーっ、ショック!? すっかり味方だと思ってたのに、騙されてたのかも。( ;∀;)

他にも、以前の回想に出てきたクラウスさんらしき人物(雰囲気は大分違う)とか。
ドロニアさまをいじめていた生徒たちが「品のよい生徒=ユリエッテ」「そばかすの生徒=メイリィ」と外見の特徴が合致しているのも気になる。
彼らもバーバ配下の者なのか、それともただの偶然なのだろうか?

結局ドロニアさまの怒りは収まらず、マリエッタさんは縁を切られてしまいました。

ルフラン16-5

この哀しげな表情からはドロニアさまへの好意しか感じないけどな。
マリエッタさんが云った「ひとつだけ聞きたいこと」って何だったのだろう?

* * *

シュテルントゥルム攻略のつづき。

3、4階は特に何もなし。
5、6階は上階段へ至る扉を開くために鍵が必要な構造になっていました。

5階エリアでは、蠅の兵士がお出迎え。

ルフラン16-13

中ボス然として出てきたわりにその辺の雑魚と変わりません。
倒したらジャックの鍵入手で6階へ。

6階にいたのは女王蠅。

ルフラン16-14

兵士が雑魚レベルだったのでこちらも似たようなものかと油断してたら案外強かった。(-_-;)

ある程度HPを削ると、毎ターン回復してくるので火力が足りないとジリ貧になりがち。
大ダメージを与えられるドナム要員のカヴンがないとちょっと厳しいかもしれません。

おすすめはペコーの結魂書にマージナルメイズ♀を配置したカヴン。
攻撃ドナムの消費DPが高いので、潤沢なDPを確保できる装備で固めましょう。
サポーターにもマージナルメイズを配置することを忘れずに。

倒すと、クイーンの鍵とお目当ての鍵(2つ目)をゲット。

2つ目は最上階までお預けかと思ってたらここで入手か。
女王蠅が今わの際に「鍵は息子に」と云い残してたけど・・・。
ま、いっか、ドロニアさまに届けてこようっと!

本日の成果

とくになし

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加