ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団プレイ日記19:すべては魔王の手の中で

プレイ日記19です。

長かった三領主の塔もヴェルトトゥルムの一部を残すのみとなりました。
今回でようやく次のダンジョンに辿り着けそうですね。

が、探索の前に魔女報告を。

街の外にやって来たドロニアさま。

ルフラン19-1 - コピー

目的地はバーバの小屋のようです。
そういえば、奪われた鍵がまだ見つかっていないんだっけ。

外に仕掛けられていた「蜘蛛になる呪い」を解いて中へ。

中には、バルティーニ三世がいました(←もしや、呪いでこの姿に?)。

ルフラン19-9 - コピー

どうやら彼が裏切って、バーバに情報を流していた模様。
道理で二本目の鍵が見つかってすぐにバーバが訪ねてきたわけだ。

バルティーニ三世が裏切った理由は、

ルフラン19-2 - コピー

失った記憶を取り戻したかったようですが。
ドロニアさま曰く、それはバーバであってもできないことだとか。

ルフラン19-12 - コピー

この口振りだと、ドロニアさまがかけた術が原因みたいですね。(←呪いじゃなかった)
生前のバルティーニ三世はそれを承知していたけれど今は忘れてしまった、と。
滑稽なようでいて、何とも憐れな話だな。(-_-;)

ドロニアさまも同情を感じたのか、裏切りは不問となりました。

ルフラン19-10 - コピー
ルフラン19-11 - コピー

イサラが喜ぶってことは、バルティーニ三世とイサラは親しい間柄なの?
・・・まさか、ルカの父親!?(←飛躍しすぎ)

が、バルティーニ三世はイサラのことも忘れている様子。
少し寂しそうな顔をするドロニアさま。

気持ちを切り替えて、家探しを開始。

ルフラン19-3 - コピー

しかし、奪われた鍵は見つかりません。

そこへ届いたフルネラからの文で10日以内に手下がルフランに揃うことが判明。

ルフラン19-4 - コピー

ドロニアさま、大焦りしております。(^-^;
フルネラが手下を集めに行ったことは知ってたはずなのに。
何も対策を講じていないとは、安定のポンコツぶり(←この人に殺られたバーバって)。

狼狽したまま、バーバの家を後にしたドロニアさま。
心配するルカの声も届かない様子で懸命に打開策を探り始めました。

鍵は全部で3本。

1本目は深緑のフェヌームで入手したもの(バーバ所有、が見つからず)
2本目はちょっと前に女王蠅から入手したもの(ドロニアさま所有)

残る1本は、

ルフラン19-9 - コピー

すでにドロニアさまが持っていた(隠していた)!
灯台下暗し、とはまさにこのことです。(-_-;)

目的を果たすには鍵1本では危険すぎるようで。
ある場所に隠した最後の1本を取りに行った方がいいとの結論に達したドロニアさま。
取りに行くための儀式に必要なものを探せと命じられました。

必要なのは「魔力満ちたる杖」と「甘い液体」。
杖の方はアリスとの戦闘で入手した「聖杖ヴォーパル」があるけど、これかな?
あとは「甘い液体」を探すだけか。

それにしても、ドロニアさまは鍵を集めて何をするつもりなのでしょうか。
ルカの「何でも願いが叶う力で何を願うのか」との質問も、

ルフラン19-14 - コピー

上手く誤魔化されてしまいました。(^-^;

そういえば以前、鍵のことを「棺の間」の鍵と云っていた気がするけど。
棺ということは誰かの亡骸があるのかも(イサラかな?)。
でも、なぜそんな場所の鍵をバーバも求めていたのだろうか?

いっそのこと「諦めて帰りましょう」と懇願するルカに

ルフラン19-5 - コピー

ドロニアさまは一瞬、考えたものの

ルフラン19-6 - コピー

そんな言い方しなくても。( ;∀;)

冷たく突き放されたルカは、またもあの痛々しい笑顔を浮かべます。

ルフラン19-8 - コピー

ドロニアさま、酷い!! (ノД`)・゜・。
でも、そこまでして叶えたい願いって何なのだろう?

* * *

三領主の塔、攻略の続き。

目的の「甘い液体」の在り処はよく分からないので、とりあえずマップを確認。
すると、未探索のヴェルト5階と探索済みのゾンネ地下に未達の!マークがありました。

まずは、ゾンネ地下へ。

そこにいたのは逃げた蛆アリス。

ルフラン19-15 - コピー

醜い姿に戻った(?)ことを憂いて一行を逆恨みしている様子。
苦情は大公女様の方に言って下さいね。(^-^;

前回、消化不良のまま終わったのできちんと話しを聞きたかったけど。
この状態ではアリスに関しての全容解明は望み薄かな。

案の定、鍵を寄越せと襲い掛かってきて戦闘に。

ルフラン19-16 - コピー

前回のアリス戦とあまり変わりません。
相変わらず全体攻撃が複数回くるので、こまめに回復を。

勝利後、聖杖ヴォーパルが放った光を浴びた蛆アリスは溶けてしまいました。
あとには「大統領だった何か」のねばつく液体が漂うだけ。

やはり何も分からないままか。(-_-;)
結局、蛆アリスって何だったのでしょう?
トビーとニコルの時といい、中途半端で終わってモヤモヤする!

次は、ヴェルト5階へ。
6階から落下して向かいます。

!マークを調べると、白い扉の中からスパンキーなる鳥人の「やってくかい?」との声が。
30万かかるそうですが、これってもしやゾンネにあったアレですか?
すでにヴェルト進出済みなのか。(-_-;)

手持ちが足りなかったので断ると、

ルフラン19-17 - コピー

貧乏人、ですと!?
我々は大公女様の怒りを鎮めてやった恩人だぞ、コノヤロー!!
もう困ったことがあっても協力してやらないからな!

その後、ヴェルト3、4、5階のマップ埋めも完了。
が、「甘い液体」どころか小部屋も見つからなかった。(-_-;)

仕方ないので、ヴェルトやゾンネに残っている!マークをもう一度当たることに。

すると、大公女様のところでイベント。
アリスを倒した報告をする必要があったのですね。

アリスを蛆状態に戻した(今や、ねばつく液体ですが)ことを伝えると、

ルフラン19-13 - コピー

すべて計算尽くだったのか・・・。
自国の民が蠅にされるのを放置とか、その非道さはやっぱ魔王なんだね。

けど、太っ腹なのは相変わらずで。
またまた報酬を頂いちゃいました。(*’▽’)

目玉は小部屋へと通ずる道を拓く「蛇の大鍵」

ルフラン19-19 - コピー

ゾンネの地下か・・・。
しまった、蛆アリスを倒したあと泥の出口残してないや。
またあの迷路を彷徨うのか。( ;∀;)

他にも、報酬の例をいくつか提示してくる大公女様。
最後に「我の全て」なんてものもブッ込んできましたが。
・・・恐れ多いので遠慮しておきます。(-_-;)

結局、また大金やレジェンド装備を大量にもらってお暇することに。
が、帰り際になってこれまで友好的だった大公女様の態度が一変。

ルフラン19-20 - コピー

これってどういう意味ですか? ( ;∀;)

ともかく触らぬ神に祟りなし、ですね。
さっさとトンズラして、再びゾンネの地下に向かいます。

もらった鍵を使って、閉まっていた扉から奥へ。
そこにあった宝箱から探していた「甘味なる果実液」を発見。

三領主の塔を脱出する小部屋も見つかったので拠点へ戻ります。
頼まれたものを渡して、儀式の準備は完了。

次に目指すは、ドロニアさまの精神に繋がる世界「ロサテンプス」

ルフラン19-18 - コピー

ここの最深部に例の鍵があるそうです。

このダンジョンではドロニアさまの過去を垣間見ることになる模様。
しかも、レキテーが見たものはルカたちにも見えてしまうとか。

ドロニアさまが云うには、ルカにとって辛い記憶もあるそうです。
・・・はぁ、滅入る展開が多そうな予感。( ;∀;)

本日の成果

とくになし

▽▽▽PS4版は9月28日発売▽▽▽

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

【その他の記事はこちら】