世界樹の迷宮5プレイ日記12:達人認定で二つ名取得

プレイ日記12です。

前回、ヒポグリフを撃破した一行。
達人認定を受けて、念願の二つ名が解禁しました。
これでやっとスキルが揃います。(*’▽’)

では、新たに生まれ変わった(←大袈裟?)面々のご紹介。
ギルドには全職所属してますが、今回は主戦力だけ抜粋。

まずは、比較的すんなり決まった3名から。

フェンサー:迅雷の剣士

世界樹512-1 - コピー

チェイン特化の二つ名です。
フェンサーに関しては迷うことなくこちらを選択。
そもそもこの人には回避力など皆無に等しいので。(-_-;)

ウォーロック:炎と氷と雷の支配者

世界樹512-2 - コピー

三属性のエキスパートになる二つ名です。
六属性を操るのも魅力だったのですが、チェインとの相性を考えて。
何気に「マジックウェポン」で壊属性もつけますし。

シャーマン:天寵を告げし巫女

世界樹512-3 - コピー

補助に様々な回復効果が加わった二つ名。
これまでの[補助をかけた時]だけでなく[行動順が回った時][ダメージを受けた時]にも微回復が発動するようになるスキルが追加され、回復は盤石かと思われた・・・。

ところが、シャーマンの回復効果は基本的に「補助がかかっている味方にのみ効果がある」というものなのでハウンドが喚んだ動物には効かないことが判明。
・・・とんだ盲点だった。(-_-;)

残る2人は未だに悩み中。
とりあえずこんな感じで様子見しようかな、と思ってます。

リーパー:死を振り撒く死神

世界樹512-4 - コピー

状態異常特化の火力型二つ名にしてみました。
正直ここまではデバフしかしてこなかったのだけど。(^-^;
ここからはアタッカーとして活躍してほしいなあという期待を込めて。

ハウンド:飛鷹を伴う射手

世界樹512-5 - コピー

鷹匠を目指してもらうことにしました。
本当に悩んだのですが、頭封じの技がほしかったのでこちらに。
でも、鷹が弱すぎて・・・不安しかない。(-_-;)

さて、今回挑むのは第3階層。

第3階層は先の戦争において主戦場となった場所。
無数の墓石とか、骸骨が転がっていたりして何とも不気味。
こういうホラーなのは苦手なんですよね。( ;∀;)

しかも、この階層は昼と夜とで趣向が異なっているとか。
探索時間を見極めることが攻略のカギといえそうです。

第3階層 晦冥ノ墓所

古き伝承を知る語り部の老婆が告げる
遥か昔ここでは恐ろしい戦争があったのだ
以来そこは昼でも暗い死者たちの森へと姿を変えてしまったと

古き伝承を知る語り部の老婆が告げる
もしあの森に行くのなら空を見上げて太陽の日差しを探すのだ
でないと君たちの背後には気付けば死霊が忍びよっているだろうと

11F

世界樹512-6 - コピー

Eマークはストーリー進行に関係ある(?)イベント
!マークはアドベンチャーエピソード
?マークはクエスト

到達時の平均レベル:33

再会したリリさんからの気になるひと言で幕を開けた第3階層。

世界樹512-7 - コピー

・・・話したいことって何だろう?
いつもは褒めてくれるリリさんが珍しく深刻な反応だったけど。

これはなお一層、気を引き締めて望まないと。
では、新階層で一新された魔物をチェック。

最も要注意なのはデッドホイールの「火炎大車輪」なる技。
ランダム複数回攻撃で一人に集中すると一気に戦闘不能にされることもあります。
腕封じ(脚だったかも?)で防げるのでそっちを狙うのもいいかも。

それから、大穴だったのがプチノワール。
スライムみたいな見た目にすっかり油断していると、

世界樹512-8 - コピー

巨大化した!! (゚Д゚;)
HPも1000越えの強敵に早変わりです。

全体攻撃の破壊力は抜群で、鷹が一発で逝ってもうた。
雑魚の一撃にすら耐えられないとか、本当に弱すぎるよ。( ;∀;)

そして、極めつけはFOE。

通り道を塞ぐように転がっている怪しい骸骨を発見し

世界樹512-9 - コピー

隣接すると、案の定動き出す骸骨。

世界樹512-10 - コピー

動きは鈍く、2ターンに1歩しか動けません。

太陽が苦手らしく、日光が差し込む場所に誘導すると

世界樹512-11 - コピー

炎上して消滅するので、その隙に通り抜けが可能。
ただし、数ターン後には元の場所に復活するので探索は迅速に済ませましょう。

これらのことから、探索は昼がおすすめ。
夜だと通り道に居座り続けて戦闘が避けられなくなるので注意が必要。

実際、途中で夜を迎えて戦闘が避けられなかった我がギルド。( ;∀;)

世界樹512-12 - コピー

盲目付与の列攻撃が使用頻度も高く脅威的。
比較的効きやすい麻痺状態にできれば、行動を完全に封じることもできます。
ただし、麻痺による行動不能は運次第なので過信は禁物です。

入手アイテム

採掘:朽ちた金属板、オブシディアン、パイロライター
収穫:マンドラジャガ
釣り:ガイコツ魚

出現モンスター

プチノワール、ボーンアーチャー、ひび割れこうべ、デッドホイール

アドベンチャーエピソード

【怪異とナメクジ:C-3】

突き当りに差しかかった時、不快な感覚に囚われた一行。
急激に冷え込んだような不吉な印象を覚えます。
・・・ホラー展開はやだってば。( ;∀;)

気になって魔力探知で調べるも何も見つからず。
気のせいかと立ち去ろうとしたその時、背筋に冷たいものが!
いひゃあぁぁぁぁぁぁ!!! (ノД`)・゜・。

正体を確かめると、それは黒いナメクジでした。
・・・なんだ、脅かさないでよ。( ;∀;)

【死者の為の穴:B-4】

小さな部屋に足を踏み入れた一行。
そこには大小さまざまな墓が並び、多くの犠牲者の魂が弔われていました。

黙祷を捧げたのち、一番奥の墓石の背後に光る何かを発見。
うーん・・・調べてみようか。罰当たらないかな?

恐る恐る墓石の後ろへ回り込もうとしたその時、作りかけの墓穴に落ちそうになる一行。
・・・死者と添い寝するのはいやあぁぁぁ!( ;∀;)

が、軽業取得者がいたおかげで落下を免れることができました。
あーっ、良かったあぁ、助かったあ。(;’∀’)

結局、光るものの正体は分からず仕舞い。
一体、何だったのだろう?

【洞窟に潜む影:F-3】

湿地の端に小さな洞穴のような窪みを見つけた一行。
中からは多数の気配がしており、鳥獣の住処になっている模様。

ナイトビジョンでみてみると、
その気配の主はコウモリのようです。

ありったけの石を投げ入れて脅かすことに。
我がギルドながら性質悪いなあ。(-_-;)

コウモリは一目散に洞窟の外へ。
中にあったハマオ2個を入手。

【謎の角杯:D-1】

古い時代の崩れかけた石碑を発見。
石碑の文字は読めないけれど、その陰に誰かが置いたらしき美しい角杯がありました。

角杯は黄金で出来ており、山羊の頭部が模されたデザイン。
古びてはいるもなぜだか汚れておらず、場違いな雰囲気を醸し出しています。

角杯を手にした一行は何かに命じられるように大事に背負い袋にしまい込みます。

・・・何だろう、これ?
続きのイベントでもあるのかな。

クエスト

【まだ見ぬ鉱石を求めて】

依頼:第3階層で採れる鉱石(3種類)の入手
報酬:ソーマ4個

【嘘か真か、動く骸骨】

依頼:骸骨の魔物(3種類)を図鑑に登録
報酬:アムリタ5個

いたずらっ子を懲らしめるためにお化けの画をご所望です。
ボーンアーチャー、ひび割れこうべ、外道の剣屍(FOE)を図鑑に登録すればOK。

▽1はコチラ⇒世界樹の迷宮プレイ日記1:キャラメイクで小一時間経過
 続きはコチラ⇒世界樹の迷宮プレイ日記13:英雄の遺品を探し出せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

CAPTCHA