世界樹の迷宮5プレイ日記14:とある死霊使い一族の宿命

プレイ日記14でございます。

今回、探索するのは13F。
語られるのはある冒険者の哀しい宿命のお話です。

第3階層 晦冥ノ墓所

13F

世界樹514-1 - コピー

Eマークはストーリー進行に関係ある(?)イベント
!マークはアドベンチャーエピソード

到達時の平均レベル:37

13Fに到着すると、リリさんが一行を待っていました。

世界樹514-3 - コピー

ようやく話を聞かせてくれる気になったみたい。
正確には「聞きたいことがある」とのことですが・・・。

それは、あるネクロマンサーについて。

世界樹514-2 - コピー

リリさんの故郷にある魔術の塔からアーティファクトを盗み出したというその男。
彼女の一族は代々、アーティファクトを取り戻すために男を追い続けているのだとか。

・・・どっかで聞いたような設定だな。(-_-;)
こんなことなら幻水2をモチーフにしたギルドを設立すればよかった。
ビクトールとかシエラ様がいればアンデッドなんて楽勝さ(←あれ、誰か忘れてる?)。

リリさんたちが集めた情報によると、男はこの迷宮にいる可能性が高いと思われる。
そこで隠れ住むのに適した第3階層に目星をつけて捜しているが、未だ見つからないらしい。

「怪しいネクロマンサーを知らないか?」と問われたので正直にノーと回答。
すると、リリさんは「手掛かりがあったら教えて」と言い残して去っていきました。
・・・まあ、きっと15Fにいると思いますけど(←ただの推測ですが)。(^-^;

さて、リリさんと別れたところで探索再開。
FOEをかわして進み、上階段を目指します。

徘徊しているのは、こちらの浮遊型FOE。

世界樹514-4 - コピー

壁をすり抜けて移動する曲者です。
昼と夜とで巡回範囲が違いますが、一長一短な気がします。

昼はコンパクトな直線ルートですが、壁に潜っている間が把握しづらい。
夜は広範囲な周回ルートで(マップ上A~C―5~7の範囲内で)FOEが全く立ち入らない場所はないといっても過言ではありませんが、動きはこちらの方が把握しやすいと思います。

なので、マップが埋まっていない時点では夜の方が安全に探索できるかも。
まあ、あまり差はないと思いますけど。(^-^;

むしろ、このフロア最大の脅威は初出のゴーストなる雑魚!
与えたダメージと同等のダメージを返してくる「追体験」なる技に大苦戦しました。

しかも、この技は発動も速い(いつもターン最速)のでやられる前にやることもできず。
一撃で始末するだけの火力はまだないし、と八方塞がりの状態です。( ;∀;)
もう本当にどうすればいいのか・・・厄介すぎる。

ゴーストとの戦いで何度も戦闘不能者を出しながらも歩を進めて。
やがて辿り着いた上階段手前で、今度はソロルさんが一行を待っていました。

世界樹514-5 - コピー

珍しく素直に褒められた。(*’▽’)

ソロルさんは例のネクロマンサーについてより詳しく教えてくれます。

──遥か昔、ルナリアの魔術の塔には双子の魔術師がいた。
漆黒の髪と瞳をもつ兄はクロウ、白き肌の妹はスワンと呼ばれていた。

ある時、生命の理の先を追い求めてクロウが魔術の塔の秘宝・不死者の指輪を盗み出した。
そこで妹のスワンが追手として差し向けられ、クロウの抹殺と指輪の奪還を命じられた。

だが、クロウは追手の妹を傷つけ、さらに異国へと逃げ去った。
死の淵にあった妹は自分のまだ幼い子たちに指輪の奪還を命じたのでした。

つまり、リリさんは妹のスワンなる人物の子孫ということですね。
生まれた時から背負わされた宿命か・・・。

ソロルさんはこれを理不尽だと感じている様子。

世界樹514-8 - コピー

とはいえ、野放しにすることもできないような・・・?

世界樹514-9 - コピー

ソロルさんはリリさんを解放してあげたいと願っているんですね。
けど、それを決めるのはリリさんだと思う。

最後にソロルさんからも手掛かりがあったら教えるようお願いされました。
・・・たぶん、15Fにいると思いますよ(←ただの推測ですが)。(^-^;

入手アイテム

宝箱:脚斬りの鎌(C-7)、銅インゴット(A-7)、幸運のネックレス(D-7)

出現モンスター

プチノワール、ひび割れこうべ、デッドホイール、ブキミカズラ、ゾンビドッグ、ゴースト、グランノワール(条件ドロップ:壊攻撃でとどめ)

アドベンチャーエピソード

【冒険者たちの忘れもの:C-4】

色々なものが散乱している野営跡を発見した一行。

魔物に襲われたのでしょうか?
周囲に冒険者の姿は見当たりませんが・・・。
きっと逃げることができたんだよね!

せっかくなので何か使える物がないか、忘れ物を物色。
決して泥棒ではありません。資源の有効活用です!

目ぼしいものはバックパック、たき火の脇の壺、壁に立てかけられた剣の3つ。

まずは、壺からチェック。
中には、酸味のある匂いの白い固体が液体と混ざり合っているのが見えます。
壺にはヒビが入っていて、持ち帰るのは難しそう。

ちょっと怪しいけど・・・一か八か、飲んでみる。
1Fの悪夢再び、にならないことを祈ろう。

結果は、HPが170回復した!
白い固体+液体の正体はミルクが発酵したヨーグルト状の飲み物でした。
「匂い」の表記を信じてよかったあ。(*’▽’)

次は、バックパックを開いてみます。
中には、ソーマとフルーツパン3個(これらは有難く頂戴する)。
それから怪しい臭いが漂うどす黒い液体で満たされたビンも入っていました。

「臭い」の字があからさまにダメなやつって言ってるよね。(-_-;)
選択肢も舐めるか、捨てるとヤバそうな雰囲気だし・・・止めておこう。

最後の剣は「シールグリーブ」なる一点物。
今の武器より攻撃力が下がるから倉庫行きだけど有難くもらっておこう。

【すすり泣く女性:C-6】

行き止まりの小道でどこからともなく響く女性の泣き声。
・・・だから、こういうホラー展開はやめてってば! ( ;∀;)

振り返ると、先ほどまで誰もいなかった背後にいつの間にか人影が。(゚Д゚;)
そこに佇んでいたのは妖艶な美女で、悲しげな目で細く白い手を差し伸べています。

あまりの恐怖に硬直したまま、涙目で美女を観察する一行。
冒険者としては軽装なドレス姿に汚れもないし、肌の白さも不自然な気がする。
・・・やっぱり、お化け? ( ;∀;)

すると、美女が小声で聞き慣れぬ呪文を唱え出しました。
・・・あ、やっぱり敵だったか。

世界樹514-11 - コピー

名前は「フレアレディ」だって。
この先の階で登場する魔物のようですね。
ボス戦の要領で戦ったらあっさり勝てました。

【自然の教訓:D-7】

道外れに赤橙色の小さなキノコを発見。
調理すれば食べられるかも。

試しに火で炙ると、焼けたキノコからは香ばしい匂いが漂います。
食べると全員のHPが50回復。

が、食後に異変発生。
こっちがこのパターンだったか・・・。 (-_-;)

食べたのは幻覚を引き起こす毒キノコだった模様。
めまいを起こした一行はそのまま眠り込んでしまいます。

目を覚ました時にはかなりの時間(半日くらい)が経っていました。
襲われててもおかしくない状況だけど、運よくケガはなさそう。

と思ったら、キノコの副作用でTP-100になった。(゚Д゚;)
いくら何でもこれは・・・一旦、街に帰ろう。

【それぞれの再会:B-6】

広間の奥の突き当りで死霊化した犬を発見。
「見慣れた」と評されていたからゾンビドッグのことかな?
・・・まさか、12Fで出てきた迷い犬ではないよね。

こちらに気付いていないようなので様子を伺っていると、
壁際に倒れているご主人らしき冒険者の遺体に顔を寄せています。
死霊化してまで・・・健気すぎる。( ;∀;)

祈りを捧げて立ち去ろうとすると、こちらに気付いた犬が小さく吠えました。
尻尾を振り、親愛の情を示してくる犬の姿が12Fで遭遇したわんこと重なります。
ああ、あの犬だ! 死んじゃったのか・・・。 ( ;∀;)

お礼なのか、口にくわえたルナリア銀貨5個を差し出してくるわんこ。
もっと手厚く看護してあげればよかったなあ。

クエスト

【至極のヴェール作り】

依頼:クチクソウ2個(14F採取ポイント)、真白の袋3個(ゴーストがおとす)

報酬:聖なる贈り物2個

ルナリア族のサディアスからの依頼・3?

今度は、ヴェールの材料をご所望です。
・・・それはこないだの絹糸で作れるのでは? (^-^;

話を聞きに行くと・・・あれ、依頼主が違う。

今回の依頼主はセリアン族のミアさん、新婦さんの方でした。
サディアスさんが来る予定が、都合が付かずにミアさんが来たとのこと。

ヴェールの材料はクチクソウと真白の袋。
クチクソウを入手できる採取ポイントは14、15Fにしかないので注意。

品物が揃ったら、お仕事は完了。

一連の依頼もこれで終了かな?
メリーナさんも全部揃ったとか云っていたし。
けど、階層ごとに依頼されているからまだ続くのかも。

【魔物の侵攻を阻止せよ!】

依頼:11Fで魔物退治

報酬:睡魔の弓

11Fで目撃された見慣れぬ魔物の討伐。
E-5、C-5、B-4の3カ所で目撃情報があるとのこと。

それぞれの箇所を調べると、魔物が出現し戦闘に。
3回目のみ2連戦になります。

1回目:ゾンビドッグ×2、ボーンアーチャー、ひび割れこうべ

2回目:ゴースト×3

3回目:(1戦目)グランノワール、(2戦目)グランノワール×2

【評議会からの依頼Ⅰ】

依頼:石板の在り処

報酬:7000エン

12Fにある伝説の騎士について記された石板の在り処を教えてほしいとの依頼。

ミッション遂行中にそれらしきものを発見したような・・・。
確かE-3の鎧があった場所だったかと。

その旨を伝えると、

世界樹514-10 - コピー

えっ、レムスさんが行くの?
ジェネッタさん、セリクくんに続き今度はレムスさんまで。(-_-;)
本当に『世界樹5』のNPCはいとも容易く迷宮に足を踏み入れようとするなあ。

事情を聞いてみると、
「人々を救うことに尽力した戦士を尊敬しており、自ら感謝の意を捧げたい」とのこと。

秘事なので黙っていて、と念を押されましたけど・・・。
まさか、一人で行く気ではないよね。危険すぎる。
それとも、次なるクエストのフラグなのかな?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加