親が子供のスマートフォンアプリの安全性を確保する方法

サイバー攻撃、フィッシング、プライバシー侵害、データ盗難など、子供があらゆるオンライン上の脅威にさらされている今、すべてのアプリが安心して安全に使用できるようにすることは、親としての義務です。多くの場合、子供たちは自分のデバイスと自分自身の安全を危険にさらす恐れのある機能を備えたアプリをダウンロードしてしまうことがあります。。

いくつかのステップを踏めば、ダウンロードされたアプリが安全に使用できることを確認し、将来的にセキュリティ上のトラブルを引き起こさないようにすることができます。

1. 携帯電話のスパイアプリで子供をモニタリング

子供にスマートフォンを与えたら、もう後戻りすることはできません。そうは言っても、iPhoneやAndroidのスパイ遠隔 監視 アプリを使って、子供がスマホにダウンロードしているアプリを含めて、子供のスマホ上の行動をすべて追跡することができます。不審なアプリがあれば、ウェブのコントロールパネルから削除することができます。お子様の携帯電話を物理的に手元に置く必要もありません。

また、ペアレンタルコントロールやモニタリングアプリを使えば、通話、テキスト、インスタントメッセージ、閲覧履歴、位置情報、撮影した写真や動画など、お子様のオンラインとオフラインの活動をすべて追跡することができます。

2. 分かりづらいパスワードを使用する

アプリで個人アカウントを作成する場合は、お子様が強力なパスワードを使用していることを確認してください。理想的には、数字、特殊文字、および小文字と大文字の組み合わせが使われると良いでしょう。これにより、パスワードが簡単に推測される可能性が低くなるだけでなく、ブルートフォース攻撃のような、筋金入りのハッキング方法を使用してもパスワードを解析することが難しくなります。

3. 不必要な許可を与えない

アプリストアからアプリをダウンロードしようとする際、特定の許可を求められます。人々は完全にそれに気づいてないか、または時には携帯電話のカメラ、連絡先、ダイアラー、マイク、位置情報などへのアクセスなどのばかげた行為を含むすべての許可行為に関して大した注意を払うことはしません。しかし、あなたのお子様の携帯電話については、必要最低限の許可のみを与えるようにしてください。プライバシー設定でそれらを設定することもできます。

4. リンクをむやみに開かない

怪しげなリンクに注意するように子供たちに伝え、注意を怠らないように指導しましょう。怪しげなリンクはフィッシングに使われていることが多く、被害者のアカウントの認証情報を入手してデバイスのセキュリティを侵害したり、探している情報を手に入れようとしたりする詐欺的な方法です。よく知られていて評価の高い開発者からのアプリのみをダウンロードするようにしましょう。

5. 子供たちに注意深くなるよう教える

子供は時に不注意で、何をダウンロードしているのか気にしないことが多く、それがセキュリティリスクへの道を開く可能性があります。アプリをダウンロードする前に、何か危険な兆候はないか注意するように教えてください。これには、インストール数、レビュー、アプリのスクリーンショット、アプリが要求している許可などが含まれます。開発者やアプリを信用できない場合は、絶対にダウンロードしないようにし、より信頼できる他のアプリを探すようにしてください。

6. 個人情報の提供は絶対にしない

アプリがどれだけ安全で信頼できるかに関わらず、誰かがあなたの個人情報を求めてきても、絶対に共有してはいけません。特に見知らぬ人との間では、どんなことがあってもプライバシーを守るように子供に伝えましょう。誰かが名前、電話番号、住所、パスワードを尋ねてきたら、親に知らせるように伝えておきましょう。

最後に

子供たちは、サイバー攻撃やセキュリティ侵害の存在やその複雑さについて気づかないことが多くあります。子供がある程度の経験を積んで、より良い判断力を身につけることができる年齢になるまでは、責任感を付けさせることはできません。それまでは、子供の携帯電話にあるすべてのアプリが安全に使用でき、脅威につながらないようにすることが親としての責任なのです。

Visited 9 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする