おいちょかぶの遊び方の基本

おいちょかぶの遊び方の基本

日本には長い歴史があり、カードゲームは日本の文化に深く根付いています。実は、日本の伝統的なカードゲームは、16世紀にはすでに遊ばれていたのです。カードゲームは、貿易商や移民、特にポルトガルからの移民によってもたらされた。 1633年の「鎖国」によって西洋との交流が断たれた後も、全国のギャンブラーはカードゲームに興じました。その際、捕まるのを避けるために、トランプの絵柄を武士や武具、神話上の人物など、アジア的なものに置き換えたという。このように、カードゲームの人気は衰えず、その一つが「おいちょかぶ」である。 おいちょかぶは、バカラによく似ているが、兜札や花札を使う。そのため、近隣の国でも人気があります。七福神のサイトでは、他のカードゲームの遊び方も紹介しているので、もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。 注)バカラは、52枚のカードからなる標準的な山札を使い、プレイヤーとバンカーの2つの手によって広く行われるカード比較ゲームです。バカラをプレイする場合、3つの可能性があります。バンカーが勝つか、プレイヤーが勝つか、引き分けかです。 兜札や花札が普通の札と違うのは、小さくても硬い点です。

おいちょかぶを楽しむためのルール

このゲームの主な目的は、2人以上のプレイヤー間でカードの合計値が9になることです。また、8と9と3は最悪の手札なので避ける必要があります。また、これらの数字は音韻的にヤクザを意味し、ギャングスターを意味する。 まず、ゲームの基本ルールを決めることです。プッシュの場合はディーラーがラウンドを勝ち、引き分けの場合はベットを全て返却するかしないかを決める必要があります。 ベット額の上限は100ポイントまでとする。1人のプレイヤーは合計50ポイント、残りのプレイヤーは合計50ポイントまでしか賭けることができません。プレイヤーは50点すべてを賭けることができますが、それは無作法とみなされます。 各ラウンドの最初に、最も低いカードを持つプレイヤーがディーラーとなり、他のプレイヤーは右から左へカードを引く必要があります。上級者によると、ディーラーの右側に座ると常に有利になるそうです。 ルールが決まったら、ディーラーはカードをシャッフルし、プレイヤーに渡します。全プレイヤーにカードが配られたら、ベッティングが始まります。反時計回りに、各プレイヤーはどのカードに賭けるかを選ぶことができます。また、プレイヤーは持っている4枚のカードのうち、好きな枚数に賭けることができます。 ベットが終わると、ディーラーは手札から1枚のカードを引きます。また、ディーラーは山札の上からトップ、ボトム、4枚目のいずれかを引くことができる。 ショーダウンがあった場合、ディーラーよりカードの価値が高いプレイヤーは、ベット額と同額を支払います。一方、ディーラーよりカードの価値が低いプレイヤーはベットを没収されます。 今すぐおいちょかぶで運試しをしてみましょう。七福神で学べんでおけば安心し楽しめます。  

Visited 3 times, 1 visit(s) today

シェアする

フォローする