ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団感想プレイ日記8:因果は巡る糸車

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団感想プレイ日記8でございます。
では、前回の続きから。

ドロニアさまを襲った呪詛返し。
その解呪方法を探すルカは、ネルドを人間に戻して協力を仰ぎます。

ルフラン8-2 - コピー

助け出された恩を感じてか、ネルドは渋々承諾。
あんな目に遭わされたというのに意外にいいヤツなのかも。
それとも、ルカへの想いの為せる業か?

が、ネルドも具体的な解呪方法は知らない様子(←チッ、使えない)。
そこで解呪方法を知る人物の心当たりを尋ねられたルカが口にした名前は、

ルフラン8-1 - コピー

えっ、バーバ・ヤーガ様!?
ドロニアさまは偽者だったのか・・・。
意外にいい読みしてるな、あの領主代行。

さっそくバーバ・ヤーガ様に手紙で聞いてみたところ、
解呪薬に必要な材料は「マンドラゴラの根」「アカニガヨモギ」「肉糞」の3つ。
ネルドによると、各ダンジョンで手に入るとのこと。

【マンドラゴラの根】

入手場所は、深碧のカンパニュラ。
入ってすぐ、左の壁を壊してジャンプで行けるエリアにある地下2階への階段のところ。
敵が地下帝国メルムの雑魚よりやや強いので注意(倒せない程ではない)。

【アカニガヨモギ】

アストルム王国北区に新たに現れた!マークで入手。

他にも、以前捕まった収容所に!マークがあったので行ってみたら
ペコリーノが巨人兵に改造されているのを目撃してもうた。(゚Д゚;)

ルフラン8-3 - コピー

もしかしてここの巨人兵って元はみんな人間なの!?
知らずに何十体(百かも)も倒しちゃったよ。(-_-;)
エグいことするなぁ、コビトのくせに。

そのまま戦いに突入しましたが、本家ペコリーノを倒したパーティーなので余裕。

戦利品はペコーの結魂書。
アタッカーの攻撃力、防御力、命中力、回避力をエロスの36%分アップする効果がある上に、攻撃と回復両方のドナムを扱うことができる優れものです。

攻撃ドナムの使用条件がちと厳しいので、現時点では回復ドナムのみの運用が無難かも。
エロスが伸びるシアトリカルスターを配置すると、攻撃に回避にと活躍してくれます。
女性しか配置できないから慌てて追加作成する羽目になったけど。(-_-;)

【肉糞】

地下帝国メルムにあります。
一旦、英雄の慰みを経由して再び畜の間へ。

トローリアの糞が堆積した場所を調べようとすると、大糞虫との戦いに。

ルフラン8-4 - コピー

火がよく効くので、魔撃師の結魂書で使える「焔舞」などが有効。
ピアフォートレスに挑発させたら完全に引き付けてくれました。(*^^*)

すべての材料を揃えて、解呪薬が完成!
あとはドロニアさまに飲ませるだけ。

が、肝心のドロニアさまは行方不明。(-_-;)

呪いの影響で羊飼いのところにいるのでは、と考えたルカ。
修道院のマリエッタに案内を頼んで、ヌッタマッタ(羊飼い)の家へ駆けつけると

ルフラン8-5 - コピー

ドロニアさまが羊の嫁になっていた。(^-^;
お相手はやっぱりメーメでしょうか。

正直このままにしておいた方が面白いけど。
薬を飲んでドロニアさまは無事正気に戻ったのでした。

ようやく元に戻ったドロニアさまですが、
ルカがバーバ・ヤーガ様に呪いの解き方を聞いたことを知り激怒。

が、届いた手紙をよく見てみると差出人が違っていたようで、

ルフラン8-6 - コピー

手紙の主は、魔女フルネラなる人物。
呪詛返しを仕掛けたのもこの人かもしれないとか。
ドロニアさまは随分と敵が多いようですね。(^-^;

一方でネルドとは和解し、協力関係を結ぶことに。

ルフラン8-7 - コピー

まあ、ネルドの目的はルカなんだと思うけど。

ルフラン8-8 - コピー

何かを企んでいる様子の二人。
案外気が合うのかもしれない。(-_-;)

ルカもルカで、企みがあるようで。
もちろん二人のように物騒な代物ではありませんが。

ある日、細工屋(錬金釜を作成してくれた)を訪れたルカは

ルフラン8-9 - コピー

お弟子さんのフリッツに誕生日の贈り物について教えられ、

ルフラン8-10 - コピー

3日後が誕生日(←絶対嘘)だというドロニアさまに贈り物を計画。

商会のクラウスさんに相談して、

ルフラン8-11 - コピー

手作りの贈り物を作ることにしたようです。
何が完成するのかな?

割とダークなネタが多いルフランなので、こういうイベントはホッとしますね。
ルカのプレゼント大作戦、乞うご期待。(*^^*)

本日の成果

【トロフィー】

  • 15頁→地下帝国メルム英雄の慰み到達

▽▽▽PS4版は9月28日発売▽▽▽

Visited 1 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする