モンスターハンターシリーズに登場する奇妙なモンスターTOP5

モンスターハンターシリーズに登場する奇妙なモンスターTOP5

モンスターハンターシリーズに登場する奇妙なモンスターTOP5 モンスターハンターシリーズは、誰もが記憶に残るようなモンスターのデザインが特徴です。それぞれの種族に固有の魅力があるため、プレイヤーごとに印象に残るモンスターは異なるでしょう。それは、戦ったときの感覚であったり、ストーリーの面白さであったり、もしくは、単に見た目のかっこよさであったりするかもしれません。ジンオウガ、リオレウス、ブラキディオス、ナルガクルガなどは、そのデザイン性の高さから、ファンに支持されています。 シリーズの中には、特別な意味を持ち、アイコニックなモンスターがいます。見た目は素晴らしく、戦い方も印象的ですが、そのデザインは魅力的ではなく、わかりやすい見た目ではありません。プレイヤーの中には、そのデザインの意味がわからないまま、彼らに違和感を覚える人もいます。ここでは、モンスターハンターシリーズで登場した奇妙なモンスター5体を紹介します。

ナバルデウス

ナバルデウスは、モンスターハンターでの、他の古龍種に比べて、比較的、害がありません。強力ではありますが、人間の文明を脅かすことはありません。唯一脅威となったのは、モガの村がある島の海底に迷い込んでしまった時だけでした。 ナバルデウスは大きくて危険ですが、左の角が大きくなりすぎて左目を覆ってしまったため、体が思うように動かせません。ナバルデウス亜種は、同じモンスターのさらに古いバージョンで、2本の角が成長しすぎたため、両目の視界が大きく制限されています。

ゴグマジオス

ゴグマジオスは、大きくて、厄介な、いつも怒っている古龍種の一種です。体中がタールで覆われ、三本の手足を持ち、熱した油を吐き出します。さらに奇妙なのは、硫黄や火薬などの爆発物を食物として摂取することです。厄介なことに、この怪物は強靭で、ドンドルマの戦闘街のような都市の武器庫を襲撃するほど恐れを知らない生き物です。生きた兵器と表現されることもあります。

フルフルとギギネブラ

他のリストとは異なり、フルフルとギギネブラは古龍種ではなく、ただのワイバーンです。どちらも鱗の代わりに粘液で覆われた白いブヨブヨとした皮膚をしています。洞窟に住んでいるため目は退化しているが、驚異的な嗅覚を持ち、獲物を丸呑みにするといいます。ギギネブラの幼体は攻撃的なナメクジのように行動し、フルフルの幼体はモンスターの死骸やクシャルダオラの脱皮の中に隠れています。ギギネブラは毒を吐きますが、フルフルのように電気を通す亜種もいるので、両者には関連性が見られます。

ヤマツカミ

ヤマツカミは、初めて見る無防備なハンターの誰もがあり得ないと思うような生き物で、彼らを必ずひるませるでしょう。ヤマツカミは、巨大なタコのような生き物で、4本の太い触手、2本の動く触覚、人間のような歯を持っています。上半身はコケに覆われていて、コケの代わりに茂みがあるヤマクライという同族の生き物がいます。なぜ空を飛んでいるのかは誰もわからず、体の中に水素やヘリウムなどの大気ガスが充満しているという説があります。

アン・イシュワルダ

アン・イシュワルダは、モンスターハンターの奇妙なデザインのリストの中で、最も一般的に認識されている生き物です。この大きなモンスターは、翼の先端部と水かきのない翼の靭帯から超振動波を発生させる能力を持っています。この生き物は、岩の鎧で完全に覆われた体で、これらの技を駆使します。 アン・イシュワルダがこのリストに含まれているのは、その鎧が甲殻のようであり、その皮膚は目覚めるまで日光にさらされなかった脆弱な肉体であるからです。さらに、そのモンスターの目はハンターのアバターではなく、プレイヤーのカメラビューを見つめてきます。その体の見た目は理解しやすいですが、プレイヤーを見つめる様子は、控えめに言っても、恐ろしいものと言えます。      

        https://drive.google.com/file/d/1vCRfhMIafxnq_EEdyQkJ4l4RMaJ5Xku7/view?usp=sharing

Visited 3 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする