話題のブックメーカー、ウィリアムヒル

話題のブックメーカー、ウィリアムヒル

最近世界中で人気を集めているスポーツベット。多くのブックメーカーがあり、どれを使用したらいいか悩んでしまうこともあるでしょう。 そこでそのような方にお勧めしたいのがウィリアムヒルです。ウィリアムヒルは世界で最も知名度の高いブックメーカーの1つであり、日本でもたくさんのユーザーを獲得しています。 そこでこの記事では、ウィリアムヒルについて詳しく解説していきます。  

ウィリアムヒルとは

ウィリアムヒルとは1934年創業の世界大手の老舗ブックメーカーとなります。世界での知名度が高く、ヨーロッパを中心に、多くのユーザーを獲得しています。 ウィリアムヒルは、イギリス居住ユーザー向けにジブラルタル賭博委員会、イギリス以外のユーザー向けにマルタゲーミング委員会のライセンスを取得しています。つまり、しっかりと審査を受けたうえで運営されていることを意味しています。そのため、ウィリアムヒルは安全なブックメーカーとして、だれにでもお勧めすることができます。 また、ウィリアムヒルは世界中でサービスを提供しているため、サイトは英語やドイツ語以外にも、日本語に対応しています。そのため、誰でも簡単に登録することができます。 ウィリアムヒルカジノはモバイルにも対応しているため、スマートフォンやタブレット端末からもプレイすることができます。  

ウィリアムヒルで扱っているスポーツ

ウィリアムヒルでは以下のスポーツを扱っています。世界で人気のスポーツだけではなく、日本国内のスポーツも扱っている点がウィリアムヒルの特徴だといえます。   サッカー、テニス、バスケ、野球、アメフト、ラグビー、ゴルフ、クリケット、格闘技、競馬、Jリーグ、プロ野球、バスケのBリーグ、中央競馬、地方競馬、相撲、RIZINなど  

ウィリアムヒルカジノで遊べるゲームとは?

ウィリアムヒルはブックメーカーとしてだけではなく、オンラインカジノとしてもサービスを提供しています。 ウィリアムヒルカジノでは、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、ビデオポーカーなど、定番のカジノゲームを揃えています。また、オンラインカジノで人気を集めているオンラインスロットもプレイすることができますよ!ビデオスロットの中には高額配当を狙うことができるジャックポットもあるので、高額配当を狙うことも可能です。 さらにウィリアムヒルカジノでは、実際にランドカジノにいるディーラーを相手にゲームをプレイすることができるライブカジノゲームも用意されています。 このようにウィリアムヒルでは、スポーツブックとカジノゲームの両方を楽しむことができるので、非常にお勧めだといえます。  

ウィリアムヒルの登録方法

ここではウィリアムヒルに登録する方法を確認していきましょう。基本的な登録方法は、一般的なオンラインカジノやブックメーカーと変わりません。 ウィリアムヒルカジノに登録するには、まずは公式サイトにアクセスをして、ページ上部にある「登録」をクリックします。 すると、名前や住所、生年月日などを入力する画面が表示されるので、これらの情報をすべて正しく入力しましょう。 最後に内容を確認して「アカウントを作成」をクリックします。これだけでウィリアムヒルカジノへの登録が完了します。 ウィリアムヒルカジノでは他のオンラインカジノのようにメールアドレスの認証などをする必要がないので、5分ほどでアカウントを作成することができます。 アカウント登録が完了したらさっそくウィリアムヒルに入金して、ベットしてみましょう。  

ウィリアムヒルのカスタマーサポート

ウィリアムヒルのカスタマーサポートにはライブチャット、メールの2つが用意されています。そして、カスタマーサポートは日本語対応となっており、日本人スタッフが採用されています。そのため、トラブルが発生した時に、気軽に相談することができます。 ライブチャットは午前8時から翌日深夜1時まで営業しており、この間であればすぐに返信をもらうことができます。 また、ウィリアムヒルカジノでは電話でサポートサービスを利用することもできます。ただし、電話の場合日本語サポートへ直通ではないので、最初は英語でのコミュニケーションとなります。「Japanese Please」と言えば、日本人スタッフに代わってもらうことができます。  

ウィリアムヒルを利用してみよう

ウィリアムヒルは世界中で人気を集めているブックメーカーです。信頼度が高いことはもちろんのこと、スポーツベットだけではなくカジノゲームも楽しめるのがウィリアムヒルの魅力だといえるでしょう。 ウィリアムヒルには簡単に登録することができます。ぜひさっそくアカウントを作成して、スポーツベットを楽しみましょう!  

Visited 3 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする